LOVE DEPOTについて

LOVE DEPOTについて

コンセプトとこだわり

LOVE DEPOTブランドは、以下3つのこだわりを主要テーマに物作りをしております。

自由なスタイル・着け心地のよさ・愛着をずっと

また、お客様お1人様お1人様のお気持ちやニーズを大切に感じながら、受注後に1つ1つ魂をこめてお作りしております。

自由なスタイル

ファッションとは、どんな人でも男女問わず自由な自己表現のできるものと、わたしたちは考えます。

当LOVE DEPOTブランドは、自由で気軽な普段使いができる大人カジュアルなデザインフィルターを、高い技術をもって1つ1つに手間暇をかけ、確立しております。

(コーティングアクセサリーやラグジュアリーラインとは、見た目や性質が大きく異なるアクセサリーになります。)

また、自由な自己表現をしていただけますように、本格的な打刻デザインや様々な選択幅を広げたカスタマイズ性を重視しております。

玄人好みな面白さを随所に取り入れ、“すり出し”など様々な一点モノ制作技法を主体としたこだわりを持ち、2つと同じものが無いそんなオリジナル性の高いアクセサリーを制作しております。

着け心地のよさ

ヨーロッパでは一般的に、「良いジュエリーとは着け心地の良いジュエリー」と言われるように、デザインや作りの良さのみならず、着け心地の良さを徹底して追求しております。

普段使いにずっとアクセサリーをお使いいただくには、装着時のフィット感や心地のよさが必要不可欠になります。

そのため、幅広いサイズ展開、タイトなデザイン性、1つ1つ丁寧に内甲を入れたり、微妙な肌触りの良さにもこだわりがあります。

愛着をずっと

ずっと使い続けたいと思えるアクセサリーは、飽きのこないデザイン性やシンプル性などが必要になります。

また、使いこんでいくうちに出てくる、味わい感や愛着感の生まれる作りも必要になります。

そのため、メタルの特性や質感を生かしたさまざまな仕掛けを、ひとつひとつ手作業で行っております。

尚、貴金属は、シルバー・金・プラチナ製品問わず、使っていくとキズが付いたり劣化が生じたりしてきます。

そのため、愛着あるものを長くご使用いただけるように、気軽でリーズナブルなアフターメンテナンスも充実させております。

LOVE DEPOTアクセサリーの特徴

LOVE DEPOTブランドは、“すり出し”など様々な一点モノ制作技法や独自の技術を主体とした物作りをしております。

玄人好みでコアな要素を持ち合わせておりますため、他アクセサリーとはまた違った風合いや味わい感をお楽しみいただくことができます。

技術の特徴

ヤスリを巧みに使う 「すり出し」、タガネを使って文字や模様を打ち込む「打刻印」、ハンマーや専用タガネを使い凸凹を出す「打ち出し」、その他、手作業の割合が高いさまざまな技法を主体として、アクセサリーを一つ一つ丁寧に作り上げております。

主に手作業でメタルを切り、叩いたり伸ばしたり、打刻したり彫ったり、火をあてたりと手作りハンドメイド制作しているため、 槌目やテクスチャーなど細やかな部分、打刻する文字や模様の微妙な違いなどなど、1つ1つに味わい感や面白みがあります。

また、手作業をメインに1つ1つ作り上げていく様子が、まるで1つ1つのアクセサリーに魂を吹き込んでいくかのようであるため、私たちはこれらの技法を主体とする制作方法を、「一点モノ制作技法」と位置づけております。

※各商品そのものの仕様が大きく変わることは無く、一定の精度の高さやフィルターを通しておりますので、こちらはご安心ください。

ロウ付けの特徴

LOVE DEPOTでは、火を当て銀ロウ材を流しこみ、地金と地金を接合するロウ付け技法をよく使います。

丁寧にすり合わせをしてロウ付けを行い、ロウ目(接合部分)の表面を綺麗に磨きあげて仕上げます。

ですが、ロウ目(接合部分)が微妙にうっすらと見えたり、完成時に見えなくても使い続けていくうちに磨いた表面が磨れてゆきロウ目が見えてきますが、これも一点モノ制作技法の特色になります。

接合強度の高い銀ロウ(シルバー色)を使っておりますため、真鋳や銅製品の場合は接合部分のみ微妙に色合いが変わります。

また、火を入れると真鍮製品の場合、磨きの入らない微細な部分(打刻部分など)にまばらに赤みが残る場合があります。

打刻印の特徴

打刻デザインのアクセサリーは、ハンマーとタガネを使い1文字1文字ずつ打刻(打刻印)して文字デザインしています。

機械彫りのような正確に整ったレイアウトとは異なり、各熟練のクリエーターセンスと技量に委ねられた味わい深い刻印のため、当ブランド商品には打って付けの技法になります。

打刻はすべて手作業で行い、金属の文字タガネと地金をミリ単位の極小な世界で、1文字1文字ずつ叩いて打ち込んでいきます。

どんな熟練の職人さんでも2つと同じものにならない難しさがありますが、ハンドメイドならではの風合いを楽しんでいただけます。

※機械彫りに慣れたお客様には、微妙なレイアウト感がズレと思われる可能性もございますため、打刻という技法が機械彫りとは大きく異なるという事を、あらかじめご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

地金の特徴と使い分け

LOVE DEPOTでは、用途に合わせて最善の地金の使い分けをすることにこだわっております。

シルバーは、表現したいデザインや風合い・制作技法・用途や硬度を必要とする部分などなど、様々な場面での使い分けが必要です。

それぞれ含有量などによって特徴が大きく変わってきますので、またご覧いただければと存じます。

※銀そのものは白く柔らかいため、割金で色合い・硬さを調整します。(通常は銅で割りますが、ブランドにより異なる割金もあります。)

▼シルバー950 銀が約95.0%の割合で占める地金

すり出しや工芸美術品など、手作業の割合が高いものや大きいモノによく使われ、やさしい雰囲気の輝きや高い硬度の特徴があります。

(硬度は、シルバー1000より高く、シルバー925より低くなります。)

▼シルバー925 銀が約92.5%の割合で占める地金

独特の光沢感・非常に高い硬度があり、どちらかというと鋳金技法にも使いやすい性質があります。

硬度が非常に高いため、チェーンや引き輪・カン類など細かいパーツ部分にもよく使用されています。

また、鋳造制作(鋳金)・手作業の制作など、技術レベルや職人スキルによって品質や度合いが大きく変わってくるのですが、シルバー950よりも強く美しい光沢感を出す事もできます。

LOVE DEPOTシリーズのリサイズ・返品について

<指輪リングのサイズ直し>

指輪リングのサイズ直しは、±1号サイズの初回無料にてお承り致します。

(商品ページごとに『お直し規定』のあるものは、そちらをご参照下さい。)

お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。

営業時間内に、お手配いただく手順をメールにてお知らせ致しますのでご安心ください。

※サイズ直し出来ないものもございますので各商品ページをご確認下さい。

※ご購入時に付属する「ブランド証明保証書」の無い場合、このサービスは適用されません。

※往復送料はお客様ご負担にてお願い致します。

<チェーン・革紐の長さ交換>

チェーンや革紐の長さ交換は、初回無料(新品状態)にてお承り致します。

お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。

営業時間内に、お手配いただく手順をメールにてお知らせ致しますのでご安心ください。

※使用痕の無い新品状態の場合のみ可能になります。お届け後、1週間以内にご連絡ください。

使用痕が見つかった場合、有料での交換となりますので、試着後は大切に保管ください。

※ご購入時に付属する「ブランド証明保証書」の無い場合、このサービスは適用されません。

※往復送料はお客様ご負担にてお願い致します。

<ブレスレットの交換サイズ直し>

ブレスレットの交換サイズ直しは、初回無料(新品状態)にてお承り致します。

お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。

営業時間内に、お手配いただく手順をお知らせ致しますのでご安心ください。

※仕様痕の無い新品状態の場合のみ可能になります。お届け後、1週間以内にご連絡ください。

使用痕が見つかった場合、有料での交換となりますので、試着後は大切に保管ください。

※ご購入時に付属する「ブランド証明保証書」の無い場合、このサービスは適用されません。

※往復送料はお客様ご負担にてお願い致します。

※革製品はサイズの増減、チェーン製品はコマ数の増減をご指定いただく形になります。

その他、商品ページごとに『お直し規定』のあるものは、そちらをご参照下さい。

<アフターメンテナンス>

LOVE DEPOTの商品の修理やアフターメンテナンスにつきましては、商品の状態等で 修理方法・料金・納期などなど、ご対応内容が変わってまいります。

お問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。

<ご返品・交換について>

ご注文いただきましたLOVE DEPOTシリーズの商品のご返品・交換は、基本的には不可となりますことご了承ください。

(お1人お1人様のニーズに合わせ受注制作しておりますため、ご理解いただけると助かります。)

高級ブランド等LOVE'S B.Bで培った専門的な検品体制を整えておりますが、万が一の不良品につきましては、速やかにご返品・交換のご対応をさせていただきますのでご安心ください。

お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。

↓ こちらもオススメです ↓

アイテムから探す

>>>